日本代表 ユニフォーム サッカー 昔

開発を担当した、アディダスジャパン株式会社の高木将氏は、ユニフォームを作るうえで次の3つが大切だという。 デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。 90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。 コンセプトは”2020年の希望の青空”をイメージした「日本晴れ」で、前面に様々な空模様を表現した5種類のブルーのコラージュをあしらい、背面にはスカイブルーを配色。

チェルシー ユニフォーム 2022についての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

日本代表 ユニフォーム サッカー 昔
トップへ戻る